ファミリーキャンプ

デイキャンプにも 札幌から約1時間キャンプ場まとめ

4月になるとキャンプ場からは続々オープン情報が入ってきます。

一昨年、我が家は3人目の子供が生まれたばかりでしたが、初めてのキャンプ。それまで長女次女の小さいときは一度もキャンプをしたことがありませんでした。

もちろん知識も何もないままとりあえず道具をそろえ、たくさんの失敗を重ねつつも我が家なりにキャンプを楽しんできました。そして、いつしかキャンプにハマり、冬のキャンプ(バンガローですが)も体験。小さい頃からキャンプへ行くのが当たり前だった三女は、野生児のようにたくましく育っています。

持ち物についてはこの記事を参考にしてみてください↓

あわせて読みたい
【北海道】はじめてのファミリーキャンプ !持ち物まとめ我が家は去年からキャンプを初めて、1年が過ぎました。 最初の頃は(初歩的で恥ずかしいですが…)うちわを忘れたり、炭を忘れたり、子供...

小さい子を連れてのキャンプは不安もあるので、何かあったらすぐに帰る。そんな気持ちで札幌近郊のキャンプ場へ行きました。急に子どもの具合が悪くなってデイキャンプになったこともあります。そのときは近場にしておいてよかったと思いました。

札幌周辺には思っていたよりたくさんのキャンプ場があり、それに子連れキャンパーの多さ!安心しました。

そこで今日は小さい子がいてもすぐに帰れる「1時間20分までを目安」に、札幌から近いキャンプ場をまとめました。

札幌から約1時間で行ける キャンプ場

  • 北広島市自然の森キャンプ場 38分
  • オートリゾート滝野 43分
  • 三重緑地公園キャンプ場 41分
  • 江別市 森林キャンプ場 42分
  • しのつ公園キャンプ場 45分
  • 長沼マオイオートランド 51分
  • 千歳市防災学習交流施設防災の森 51分
  • 古山貯水池自然公園オートキャンプ場 55分
  • 月形皆楽公園キャンプ場 1時間1分
  • 安平町ときわキャンプ場 1時間8分※今シーズン閉鎖
  • モラップキャンプ場 1時間18分

※時間帯や交通状況などによって入れ替わる場合があります。

北広島市自然の森キャンプ場

国道36号線から程近い場所にあるキャンプ場です。サイト内、一部水はけの悪い場所があり、長女はお気に入りの服をがっつり汚して、その日しばらくテンションが下がってしまったことがあります。川遊びもできるので、汚れてもいいように着替えは多めに用意しましょう。

デイキャンプや近所の方も多く利用していて、こじんまりとしていますがいつもにぎわっています。

北広島市自然の森キャンプ場

開設期間

5月 土・日・祝日のみ
6月~6月30日 金・土・日のみ
7月1日~9月30日 毎日

チェックイン/アウト 13時〜17時/翌12時まで

管理人 9時〜17時

荷物搬入 車両進入不可、リヤカーあり

料金※日帰りは半額

一般 400円
小中高校生・65歳以上 200円
幼児・障害者の方 無料

キャンプサイト 緩い傾斜あり/約30張

温泉/銭湯 竹山高原温泉(大人平日600円 土日祝日700円 10時〜21時受付 定休日 月曜)

ゴミ 持ち帰り

焚き火 焚き火台を使うこと

連泊7泊まで

花火 指定の場所で21時30分まで 手持ち花火のみ可

〒061-1265 北海道北広島市島松577−1google map

北広島市自然の森キャンプ場HP

TEL 011-377-8112

オートリゾート滝野

平成6年に全国の国営公園で初めてのオートキャンプ場としてできたのがオートリゾート滝野です。日本オートキャンプ協会から、最高位でもある五つ星の認定を受けているオートキャンプ場としても有名です。

設備がいいし子供が楽しめる遊具もあるので初めてのファミリーキャンプにちょうどいいです。私の感覚では、利用料金は少しお高め。

オートリゾート滝野

開設期間
4月20日〜10月31日

チェックイン/アウト 13時〜17時(6月〜8月は18時まで)/翌8時〜11時まで(22時〜翌7時ゲート閉鎖)

管理人 24時間常駐

荷物搬入 フリーサイトを除き車両進入可

料金

【施設利用料】 大人820円、子供200円、シルバ−620円

【ほかサイト料金別途】

キャンプサイト 平坦な芝/オートサイト63区画、フリーさいと55張

温泉/銭湯 札幌市保養センター駒岡(大人420円 10時〜20時 不定休)

ゴミ処理 5分別 燃えないごみは持ち帰り

焚き火 焚き火台を使うこと

ペット わんわんフリーさいと5区画※要予約

花火 手持ち花火のみ

〒005-0862 北海道札幌市南区滝野247google map

オートリゾート滝野HP

TEL 011-594-2121

三重緑地公園キャンプ場(リバーサイド公園キャンプ場)

三重公園キャンプ場も近くにありややこしいのですが、我が家が泊まったことがあるのは三重緑地公園キャンプ場(リバーサイド公園キャンプ場)の方。

夕張川の側で自然豊かな場所です。小さいですが遊具がありますし、管理棟にはレストランもあります。バーベキューもいいですが、レストランにもぜひ足を運んでもらいたい。かなり美味しいです。子どもの料理はSL電車が運んでくれるので乗り物好きにはたまりません。

あわせて読みたい
札幌から41分!南幌三重緑地公園(リバーサイド公園)キャンプ場南幌にある三重緑地公園キャンプ場は、札幌から約40分で行けます。 札幌からすぐなので、キャンプ初心者や小さい子連れでキャンプに挑戦...
三重緑地公園キャンプ場

開設期間
4月15日〜11月14日

チェックイン/アウト なし

管理人 8時半〜17時駐在※リバーサイド遊友館にて受付

荷物搬入 車両進入不可 リヤカーあり

料金 持ち込みテント 2張まで500円※町内の人は300円

温泉/銭湯 なんぽろ温泉ハート&ハート(大人650円 10〜21時半受付 年中無休)
なんぽろ温泉の中にある、レストランの「キャベツ天丼」がおすすめ。※おいしいですが食べきれないほどメガ盛り【持ち帰り可】

ゴミ 持ち帰り

〒069-0212 北海道空知郡南幌町南12線西2google map

三重緑地公園キャンプ場HP

TEL 011-378-3606

江別市森林キャンプ場

ブログには載せてないのですが、泊まったことがあります。その前に行った沙流川キャンプ場でハンマーを忘れて帰ったようで、ハンマーなしの設営をした苦い思い出のあるキャンプ場です。

このハンマー。力が入れやすくて、抜くときもすんなり抜ける形で使いやすくてお気に入りでした。目立つ色してるのに…今ではそのショックから安いハンマーを使ってます。

キャンプ場自体は、こじんまりしていますが自然が多く、札幌からキャンプにきている方も多いです。野幌総合運動公園にテニスの試合できている方が、その間ずっとキャンプをしていると聞いて憧れました。

中央にある小さな遊具(?)はソロキャンパーの物干しになっていました。うらやましい使い方です。

江別市森林キャンプ場

開設期間 5月1日〜10月31日

チェックイン/アウト 8時〜/翌11時まで

管理人 8時〜22時駐在※6月〜9月の土・日・祝前日と7月中旬〜8月末までは24時間常駐

荷物搬入 車両進入不可/リヤカーあり

料金 利用料一泊 高校生以上400円、小・中学生80円(日帰りは半額)

キャンプサイト 平坦/200張

温泉/銭湯 湯の花(大人440円 9時〜24時半受付 年中無休)

ゴミ 持ち帰り

〒069-0832 北海道江別市西野幌928番地google map

江別市森林キャンプ場HP

TEL 011-389-6493

しのつ公園キャンプ場

貸しボートやレンタサイクル、キャラクターのバッテリーカーがあり、子連れに大人気!温泉は隣接しています。

しのつ公園キャンプ場

開設期間 4月29日〜9月30日

チェックイン/アウト 8時から/翌10時まで

管理人 8〜18時駐在

荷物搬入 車両進入不可 リヤカーあり

料金
持ち込みテント 1泊中学生以上1000円、子供500円

日帰り 中学生以上500円、子供300円

ペット同伴キャンプエリア 大人2000円、小学生1000円

キャンプサイト 平坦な芝/200張

温泉/銭湯 しんしのつ温泉たっぷの湯 大人500円 6〜8時(平日)と10〜23時

ゴミ 持ち帰り

〒068-1100 北海道石狩郡新篠津村第46線南3google map

しのつ公園キャンプ場HP

TEL 0126-58-3508

マオイオートランド

利用すると温泉半額入館券が付く、ファミリーキャンプにおすすめの高規格キャンプ場!料金は少しお高め。

マオイオートランド

開設期間 4月28日〜10月31日

チェックイン/アウト 13時〜18時/翌7時〜11時まで
23時ゲート閉鎖

管理人 24時間常駐

荷物搬入 車両進入可

料金 施設維持費 中学生以上1020円、小学生510円 ながぬま温泉半額入館券付

日帰り中学生以上510円、小学生250円

【ほかサイト料金別途】

キャンプサイト 平坦な芝、一部傾斜/フリーサイト19区画、スタンダードカーサイト27区画、キャンピングカーサイト6区画

温泉/銭湯 ながぬま温泉 徒歩3分(大人600円 9〜21時半受付 年中無休)

ゴミ処理 3分別

焚き火 焚き火台を使うこと

花火 パークゴルフ場の駐車場にて手持ち花火のみ可

〒069-1317 北海道夕張郡長沼町東7線北4google map

マオイオートランド

TEL 0123-88-0700

千歳市防災学習交流施設防災の森

平日に行くと、地元の小学生が遠足に来ていました。キャンプというよりピクニックに近い雰囲気に。小さな川が流れていて、石を飛び越えて川を渡ったり、コンビネーション遊具で遊んだりと、小学生以上の子におすすめ。服は汚れるので着替えは多めに持って行きましょう。

防災の森に行って来た時の記事はこちらから

千歳市防災学習交流施設防災の森

開設期間 5月1日〜10月31日

チェックイン/アウト 9時から/翌10時まで

管理人 9〜17時駐在

荷物搬入 車進入不可 リヤカーあり

料金 使用料一泊 大人600円、中学生以下300円(千歳市民は大人300円、中学生以下100円)
日帰り 9時から17時 無料

キャンプサイト 平坦な芝/30区画

温泉/銭湯 太陽湯(大人440円 13時〜23時 年中無休)

ゴミ 持ち帰り

〒066-0075 北海道千歳市北信濃583−1google map

千歳市防災学習交流施設防災の森HP

TEL 0123-26-9993

古山貯水池自然公園オートキャンプ場

古山貯水池(ふるさんちょすいち)自然公園オートキャンプ場の特徴は、薪割りです。戸建では薪ストーブが流行っているようですが、一般家庭ではなかなか薪を割る機会がないので、子供と薪割りを楽しんでみては。炊事場はお湯が出ますよ!

古山貯水池自然公園オートキャンプ場

開設期間 4月28日〜10月末

チェックイン/アウト 13時〜17時/翌11時まで

管理人8時半〜17時駐在

荷物搬入 車両進入可(芝生不可)/リヤカーあり

料金 入場料中学生以上1000円、小学生500円、未就学児無料

【ほかサイト料金別途】

日帰り(9〜17時)は料金半額

キャンプサイト 一部傾斜あり/キャンピングカーサイト2区画、カーサイト19区画、フリーサイトA・B各約15張

温泉/銭湯 ユンニの湯(大人650円 5時半〜8時・10〜22時 年中無休)
※大人のみキャンパー割引券あり

ゴミ 持ち帰り

焚き火 焚き火台を使うこと

〒069-1216 北海道夕張郡由仁町古山430番地google map

古山貯水池自然公園オートキャンプ場HP

TEL 0123-83-3979

皆楽公園キャンプ場

皆楽公園キャンプ場へ行ってきた記事はこちら

皆楽公園キャンプ場

開設期間 4月下旬〜10月末

チェックイン/アウト バンガローのみ13時から/翌10時まで

管理人 8〜18時駐在

荷物搬入 車両進入可(7時半〜21時まで)

料金 清掃費一人200円(ゴミ袋付)

持ち込みテント 無料
バンガロー 1棟4000円

キャンプサイト 傾斜あり/約200張

温泉/銭湯 月形温泉ゆりかご(大人500円 10〜21時半受付 第3火曜定休)

ゴミ 分別し有料(清掃費)

焚き火 焚き火台を使うこと

花火 手持ち花火のみ21時まで

〒061-0502 北海道樺戸郡月形町字北農場81−72google map

TEL 0126-53-2577

モラップキャンプ場

道内最古のキャンプ場、施設はきれいです。朝日は美笛、夕日はモラップのロケーションが最高。

モラップキャンプ場

開設期間 4月下旬〜10月上旬

チェックイン/アウト 13〜16時/翌11まで

管理人 8〜16時駐在

荷物搬入 車両進入不可/リヤカーあり

料金 使用料 中学生以上1000円、小学生800円、4歳以上300円、3歳以下無料

繁忙期は日帰り利用不可

手ぶらキャンプ 大人7000円、小学生5300円、4歳以上3500円

キャンプサイト 砂地/約200張

温泉/銭湯 休暇村支笏湖 中学生以上720円 11時〜16時(火水は13時から)年中無休

ゴミ 生ゴミ・燃えるゴミのみ

焚き火 焚き火台を使うこと

花火 手持ち花火のみ

〒066-0283 北海道千歳市 支笏湖温泉google map

モラップキャンプ場

0123-25-2201

モラップキャンプ場は支笏湖にあります。支笏湖の反対側の美笛キャンプ場もオススメなのですが、さらに30分かかるので今回の1時間キャンプ場まとめには入れませんでした。

美笛キャンプ場については新しい記事があるので、よかったらご覧ください。

まとめ

一番近いキャンプ場で北広島市自然の森キャンプ場が約40分、モラップキャンプ場でも車で約1時間20分で着き、設営ができちゃいます!

近くにキャンプ場がたくさんあるし、思ったより手軽にキャンプができると知り、こんなに楽しいならもっと早く始めていればよかった。

初めてのファミリーキャンプはグダグダで、「なんとかできた」でしたが、今では楽しい思い出です。あなたもファミリーキャンプを近場から始めてみては。

キャンプ用品が揃うお店はこちらから

あわせて読みたい
札幌でキャンプ用品の揃うお店小さい頃に家族でキャンプをした事はありますが、大人になり、自分で計画して行くキャンプは初めて。 いざ、キャンプへ行こう!と思っても...